2010年12月29日

仙谷由人官房長官、政治主導を撤回

民主党は政治主導を掲げていたはずだけど、どうもそれはやめるみたい。
仙谷由人官房長官が28日に官僚と政治家とが緊密に連携を図って政策方針を決めるよう求めたそうだ。

もともと民主党は「官僚主導」から脱却し、「政治主導」で政策決定することを旗印に掲げてきていて、事務次官会議で閣議案件が事前調整され政策が決まるプロセスを「官僚主導」だと批判していた。
なので事務次官会議を廃止して閣僚や副大臣や政務官なんかの政務三役会議で政策を協議する形に変えたはず。

どんどんなんだかなぁと言う状況になってるね。
結局何もかも中途半端になってしまってる。
仙谷さんていろいろやってきたことをぶち壊しにしてるだけなんじゃ・・・

やり方を変えて官僚とのコミュニケーションが不足してうまくいかないとか問題も出てきたようだけど、変えた最初はうまく行かない部分が出るのはあたりまえで、それをこれから調整していけばいいのに。

なんか菅さんと仙谷さんはやればやるほど「改革しないんじゃあ別に民主じゃなくてもいいじゃん」的なことばっかりしているように見えるなあ。
もともと今までのやり方じゃよくないから変えてこうよっていって民主の政権になったのに、今までどおりにやるんなら自民党でいいって話だしね。




タグ:政治 民主党
posted by せんちょ at 19:42 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。