2011年01月11日

ネットは知的訓練を受けていない人が発信している?

読売新聞の山崎正和氏の記事についてネットで反発が出ている。


2011年1月10日 読売新聞朝刊
日本の改新 識者に聞く 山崎正和氏

もう一つ心配なのが、大衆社会がより悪くなることだ。ブログやツイッターの普及により、知的訓練を受けていない人が発信する楽しみを覚えた。これが新聞や本の軽視につながり、「責任を持って情報を選択する編集」が弱くなれば、国民の知的低下を招き、関心の範囲を狭くしてしまう。ネット時代にあっても、責任あるマスコミが権威を持つ社会にしていく必要がある。


はっきり言って言葉の「言い方」が悪くて
>知的訓練を受けていない人が

って所に脊髄反射で噛み付いてる人も多い。

でも言ってることは割とその通りだと思う。
言い方を変えただけで実は昔から言われていることだったりする。

某掲示板で「ウソをウソと見抜けないと掲示板を使うのは難しい」とか、なんでも鵜呑みにするなとかって話はもうすでにずっと言われている。
「誰でもが発言出来る」様になったことで、昔で言う所の団地の奥さんの井戸端会議みたいな話がどんどんネットで出てくる。それをまた鵜呑みにした人たちが伝言ゲームをして尾ひれや自分の好きな事を付け足していく。
最終的にはトンデモやデマが広がってるなんて事もよくある。

それはそうだ、誰も責任を持つつもりはなく発信してるんだし。

そういう意味では「責任を持って情報を選択する編集」はされてないし、無責任に発信していることは多い。
またネットはそれでいいと思うし、世界中の人に責任を持てといっても無理だろう。
結局受け手側が選択していくしかない。

となるとソースはやっぱり信頼度が関わってくるし、自分で仕事を休んで時間をかけて取材を出来るわけじゃないので、ある程度は責任を持って一般人より時間をかけて取材する所が必要になってくる。
そういう意味じゃ上記の「日本の改新 識者に聞く 山崎正和氏」はそれほど特別なことは言ってなかったりする。

こんなことでも脊髄反射の意見が多い所がネットの発信の傾向を表してるような気がする。
でも確かに「知的訓練を受けていない人」ってかなり挑発的な言葉の言い方は悪いけどもね。





タグ:ネット twitter
posted by せんちょ at 18:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。