2011年01月22日

BBCの番組で被爆者を笑いものに

イギリスのBBCが広島と長崎で二重被爆をした日本の男性をお笑いクイズ番組で「世界一運が悪い男」と紹介していた事が分かり、在英日本大使館が抗議をした。

取り上げられたのは昨年93歳で亡くなった山口彊(つとむ)さんで、私も何年か前にこの方の話をテレビで見たことがある。
さすがにお笑いクイズ番組で取り上げるないようではないだろう。

この抗議に対してBBCの番組プロデューサーが日本側に謝罪をした。

英BBCお笑い番組、二重被爆者を「世界一運が悪い男」
http://www.asahi.com/international/update/0121/TKY201101210499.html
問題となったのは、昨年12月17日に放映された人気の番組「QI」。司会者が、長崎出身の山口さんが広島に出張して原爆で大やけどを負った後に鉄道で長崎に戻ったことに触れ、「英国なら電車は止まっている」と英鉄道の不備を自虐的にとらえる内容だった。だが、ゲストのコメディアンが「長崎で入院したのか」とつっこむと、スタジオから笑いが漏れる一幕があった。

 さらに、司会者が「山口さんが長崎に戻ると、また原爆が投下された」と述べると、観衆は爆笑。司会者は「二重被爆をして生き残ったのは、最も幸運か最も不運か」などと締めくくった。スタジオにはきのこ雲や山口さんの顔写真が掲げられた。

 在英邦人から指摘を受けた大使館は、今月7日、BBCと番組制作会社に「山口さんの経験をこういう形で取り上げるのは、不適切で無神経だ」と広報文化担当の公使名で書簡を送った。

 番組プロデューサーは今月17日、大使館への手紙で「(山口さんを)バカにする趣旨の番組ではなく、驚くべき経験を正確に伝えようとしたつもりだ。日本人の強さを真に称賛している」などと釈明しつつ、「(日本人)視聴者の気分を害してしまったことを非常に遺憾に思う」と謝罪の意を示した。抗議をした在英邦人にも非を認める内容のメールを送ったという。



日本でも「ザ・ベストハウス123」や「ザ・世界仰天ニュース」、「奇跡体験!アンビリバボー」などなど、海外で起こった話を紹介する番組がある。
同じようなもので、クイズ形式の番組だったんだろうか。
だとしたらコメディアンが不謹慎ネタで笑いを取るのは日本でもよくあることで、ちょっとそこは同情するが、そもそも被爆についての取り上げ方が問題があっただろう。

ふざけて取り上げていいものと悪いものがある。
そういう意味ではプロデューサーはちょっとうかつだったかもしれない。




タグ:BBC 原爆 被爆者
posted by せんちょ at 22:54 | Comment(3) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今最高にアツい出合いサイトをご存知ですか?恋愛に繋がる出会いは必ずある!ほんとに出合いの無い人だけアクセスして下さい!業者が蔓延しているSNS系サイトよりも出合いサイトが今アツい!
Posted by 出合いサイト at 2011年04月14日 15:33
ヴィクトリアマイルのデータ満載!オッズ・枠順・出走馬情報!弊社が収集した極上データを惜しみなく公開!最新の情報を現地からお届けします!勝ちにいく予想はここから
Posted by ヴィクトリアマイル at 2011年05月03日 16:48
めんどうな出会いの手順を省いた、まったく新しい即逢いが叶う噂の出会い掲示板はコチラから!最先端のネットワークコミュニティで即逢いできるお相手を地域、目的、年代別で探せるんです!
Posted by 即逢い at 2011年05月08日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。