2011年02月01日

またも大雪で車が立ち往生 福井県

年末年始にも鳥取などで大雪で車1000台が立ち往生したが、1月30日31日にも記録的な大雪で福井県敦賀市の国道8号と北陸自動車道の一部で車1200台が立ち往生して動けなくなった。

31日午前7時までの降雪量は南越前町今庄出82センチ、統計開始以降の最高記録だ。

今回の渋滞も以前の鳥取と同じで、国道8号でまず大型トラックが動けなくなり、後続の車輌150台が立ち往生したらしい。
そして立ち往生した状態でも雪が降り続くので道が雪で埋もれてしまい、まったく動けない状態になる。

北陸自動車道でも30日夜から31日にかけて上下線3箇所で大型トラックが動けなくなり、後続あわせて1050台が立ち往生となった。
自治体が社内の人に食べ物や飲料水を配布したようだが、巻き込まれた人はたまったものではないだろう。

車を放置して帰るわけにも行かないし、かといって動かそうにも自力できるものでもなし、完全に手詰まり状態。
救助作業を待つしかない。
この寒い雪の中、車内で一夜を明かしたそうだ。

北陸自動車道は31日上り線が福井−木之本インターチェンジ間、下り線が長浜−今庄IC間で通行止めにされた。
1日午前6時半に長浜−今庄インターチェンジ間の規制が解除され29時間ぶりに開通したそうだ。




posted by せんちょ at 20:16 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。